薬剤師の気ままブログ

精神科門前の管理薬剤師。勉強したことの備忘録(薬や病気)やたまに趣味などについて気の向くままに書いていきます。

ピオクタニンが使用禁止に

ピオクタニンは商品名で、正式には「0.2%ピオクタニン液」という販売名で販売されている医療用医薬品です。成分名はメチルロザニリン塩化物で、別名をゲンチアナバイオレット、クリスタルバイオレットと呼びます。

ピオクタニンは皮膚の乾燥・殺菌、褥瘡、おむつかぶれに対し軟膏に混ぜて塗る、MRSAへの殺菌効果を期待して塗布する、色素としてスキンマーカーや大腸内視鏡検査の時に見やすくするために使う、などのように使用します。

 

処方例 ピオクタニン亜鉛華軟膏

ゲンチアナバイオレットB  0.05g

亜鉛華軟膏        100g

グリセリン        適量

 

処方例 0.01%ピオクタニンソルベース

メチルロザニリン塩化物   0.05g

ソルベース     全量 500g

 

処方例 0.1%ピオクタニン軟膏

メチルロザニリン塩化物   0.1g

ソルベース        100g

 

様々な用途で用いられてきたピオクタニンですが、海外の動物実験で経口的摂取した場合に発がん性が示唆されたとの報告があり、遺伝毒性および発がん性を否定できないことから使用禁止となることになりました。1)

具体的には、医療用医薬品、要指導医薬品、一般用医薬品医薬部外品、化粧品の全てにおいてメチルロザニリン塩化物を含むものは使用禁止となります。ただし医療用医薬品については、代替品がなく、ベネフィットがリスクを上回る場合に、リスクを患者に説明した場合にのみ使用可能となります。

2021年12月28日の厚労省の通知1)以前に承認された薬品は2022年12月31日までは販売継続可能ですが、2023年1月1日以降はメチルロザニリン塩化物を含む医療用医薬品の製造販売は認められません。

 

 

2022年11月13日

 

参考文献

  1. 薬生安発1228第1号 令和3年12月28日