薬剤師の気ままブログ

精神科門前の管理薬剤師。勉強したことの備忘録(薬や病気)やたまに趣味などについて気の向くままに書いていきます。

後期高齢者の窓口負担割合変更

2022年9月までの場合、75歳以上の後期高齢者の医療費窓口負担割合は大多数が1割、少数の現役並み所得者が3割でした。

これが10月1日からは、75歳以上で一定以上の所得がある方は2割へ変更となります。根拠法は「全世代対応型の社会保障制度を構築するための健康保険法等の一部を改正する法律(令和3年法律第66号)」です。ただし配慮措置があり、2022年10月1日~2025年9月30日までの間、1か月の窓口負担割合の引き上げに伴う負担増加額は3,000円が上限となります。

該当所得の方は後期高齢者の被保険者全体の約20%だそうです。今後、後期高齢者の負担割合は3つにわかれることとなります。

10月は特に、後期高齢者の負担割合に注意して業務に臨まねばなりません。