薬剤師の気ままブログ

精神科門前の管理薬剤師。勉強したことの備忘録(薬や病気)やたまに趣味などについて気の向くままに書いていきます。

ビタミンC摂取による酸蝕症

SNSを見ていると、よく美容系インフルエンサーや皮膚科医が、シナールをお菓子代わりにポリポリ食べましょう的な発信をしているのを目にします。

ビタミンCは水溶性ビタミンであり、水溶性ビタミンは過剰摂取しても蓄積せず尿から体外へ排出されます。なので脂溶性ビタミンと異なり過剰摂取しても健康被害のリスクは低いです。

またシナール配合錠は特殊な剤型ではないので、噛んで服用しても薬物動態上は問題ありません。なのでまあポリポリ食べてというDrが世間にいてもいいか…と思っていたのですが、ビタミンCのチュアブルは酸蝕症のリスクがあるようです。

 

論文を見てみます。

Dental erosion from an excess of vitamin C(Case Rep Dent. 2014;2014:485387. PMID: 25165584)

症例報告です。

51歳。主訴は左顎の痛み、噛み合わせが悪い、前歯の見映えが悪い。痛みは2~3年続いており、直近2ヶ月でより増悪。

前歯と左の奥歯のみ著明な歯の磨耗があり、ビタミンCのチュアブルサプリメントを3年間毎日5~6錠摂取していたことから、ビタミンCによる酸蝕症が疑われています。

歯のエナメル質はpH5.5付近から溶解し始めますが、ビタミンCのチュアブルはpH2.3とのこと 2)。

元文献には画像もあります。

 

長期的な歯の影響を考えると、シナールは噛んで服用しない方が良さそうです。

 

ちなみにシナールは添付文書上粉砕不可ですが、これはあくまで吸湿による酸化分解を防ぐため 3)です。噛み砕いて即座に服用する場合においては特に気にしなくてよい気がします。

 

参考文献

  1. Dental erosion from an excess of vitamin C(Case Rep Dent. 2014;2014:485387. PMID: 25165584)
  2. An in vitro investigation of the erosive potential of smoothies(Br Dent J. 2013 Feb;214(4):E9. PMID: 23429159)
  3. シナール配合錠 インタビューフォーム