薬剤師の気ままブログ

精神科門前の管理薬剤師。勉強したことの備忘録(薬や病気)やたまに趣味などについて気の向くままに書いていきます。

ルネスタ(エスゾピクロン)についてのまとめ

 

特徴

  • Z-drugと呼ばれる非ベンゾジアゼピン
  • 一般的にはふらつき、転倒リスクが低いとされる(が、実際はZ-drugも転倒リスクを増加させる2)
  • セミ体のゾピクロン(アモバン)から薬理活性のないR体を取り除いた製剤
  • Tmax:1時間(30分~2時間)
  • T1/2:5時間
  • 最大投与量:成人は3mg、高齢者は2mg
  • 試験的には長期投与による耐性形成、離脱時の退薬症候、反跳性不眠が認められなかったことから、向精神薬に指定されておらず、処方日数制限がない
  • 夢遊症状などの睡眠随伴症状が発現した場合も禁忌でなく慎重投与で継続できる

 

経験的に(エビデンス低)

効果時間は半減期に忠実に5時間と言ったり、2~3時間と言ったり。診察時の医師から患者への説明はそのDrによって異なります。

ジアゼパム換算から考えるとゾルピデム10mgとエスゾピクロン3.75mgが等価ですが、実際は必ずしもそうではなく、1mg等の少量でも十分な効果が得られるケースも多いです。

副作用の苦味は頻度が比較的多いように感じます。苦味は翌日のお昼くらいまで続いていることが多く、「何もしなくても苦い」「水を飲むだけも苦い」などと仰います。苦味が嫌で他剤へ変更することもそれなりにあります。

健忘や夢遊症状は添付文書で警告となっていますが、エスゾピクロンで出た方は今のところ見たことがありません。ゾルピデムではよく見るなという印象です。

 

実際に服用した感覚としては、飲んで少ししたら「なんとなく眠いかも?」となり、比較的スムーズに入眠できる感じがします。倒れるように意識が消失する入眠ではありません。翌日は口の中がなんとなく苦いような、変な感じがします。時間が経つとなくなります。

 

 

※こちらはあくまで経験上と、個人の主観です。

※服用感については、自身の治療に対し適切に処方を受けた薬剤を使用しています。

 

sigh56.hatenablog.com

 

2022年8月15日改定

 

参考文献

  1. ネスタ錠 インタビューフォーム
  2. Benzodiazepines, Z-drugs and the risk of hip fracture: A systematic review and meta-analysis(PLoS One. 2017 Apr 27;12(4):e0174730.doi: 10.1371/journal.pone.0174730.)