薬剤師の気ままブログ

精神科門前の管理薬剤師。勉強したことの備忘録(薬や病気)やたまに趣味などについて気の向くままに書いていきます。

イノラス配合経腸用液(いちご、コーヒー)の味見


f:id:sigh56:20220219215402j:image

f:id:sigh56:20220219215247j:image

写真の製剤の期限からおわかりになると思いますが、だいぶ前にイノラスの勉強会をした時の話です。ちょうどいちごとコーヒーのフレーバーが新しく発売されたタイミングだったと思います。イノラスは最初にヨーグルトとりんご味が発売され、その後2種が追加されて現在4種のフレーバーがあります。


においは、いちごはイチゴミルク、コーヒーはコーヒー牛乳のような感じ。個人的にはにおいはコーヒーの方が良いかもなと思います。

色はどちらもベージュです。ここはエンシュア、ラコールなど他の製剤と同じですね。イノラスは食品ではなくあくまで医薬品なので、色付けまでは難しいのでしょう。

 

味そのものはいちごとコーヒーで変わりはありません。イノラスは事前に、比較的甘さが控えめで美味しいと聞いていたので期待していたのですが、個人的には味はやっぱり甘く、重いのかなと感じました。栄養剤は食事の代わりのエネルギー源であり、少量高エネルギーとしなければならないため、味に関しては改善が難しいのでしょう。事前評価が高かったのでハードルを上げすぎた、というのもあると思います。

私はあまり得意な味ではありませんでしたが、他のスタッフで気に入っていた人もいたので、ここはあくまで好みの問題でしょう。

 

味とは関係ありませんが、コーヒー味にのみカフェインが1パウチに約0.2mg含まれています。超微量なので健康には問題なさそうですが、含有されているのはなぜでしょう。風味付けの行程で必要なのでしょうかね。