薬剤師の気ままブログ

精神科門前の管理薬剤師。勉強したことの備忘録(薬や病気)やたまに趣味などについて気の向くままに書いていきます。

外用ステロイドの強さの細かい順番について

f:id:sigh56:20220326151021j:image

※処方はフィクションです

 

ステロイド外用薬の強さについては一般的に大きく5つに分類されています(Ⅰ群:Strongest Ⅱ群:Very strong Ⅲ群:Strong Ⅳ群:Medium/Mild Ⅴ群:Weak)が、皮膚科ではもっと細かく使い分けることがあります。

古い文献ですが、文献1では細かいステロイドの強さのランク付けが行われています。ステロイドの強さは血管収縮作用と使用経験をもとに評価されています。

 

f:id:sigh56:20220326201247p:plain

文献1をもとに作成

 

日常業務において細かく使い分けることは稀で、大まかな5つのランクで使い分けることが大半だと思います。ただ、リドメックスとロコイドの強弱は日々の業務でも遭遇する場面が多いように感じます。

最初の処方例は上から強い順番に並んでいます。

 

参考文献

  1. ステロイド外用剤の有効性・安全性の順位付け(原田昭太郎 日獨医報38(1) 44-58,1993.)