薬剤師の気ままブログ

精神科門前の管理薬剤師。勉強したことの備忘録(薬や病気)やたまに趣味などについて気の向くままに書いていきます。

オミクロン株への中和抗体、抗ウイルス薬の有効性(論文を読む)

2022年1月26日NEJM掲載の論文。

オミクロン株のスパイクタンパク質には15のアミノ酸変異が報告されており、そこはモノクローナル抗体のターゲットとなっているため、中和交代の効果減弱の可能性が懸念されている。またRNA依存性RNAポリメラーゼ(RdRp)、3CLプロテアーゼにも変異が起こっており、抗ウイルス薬の効果減弱も懸念される。

この研究では各コロナウイルス株(野生株、α、β、γ、δ、ο)への中和抗体の中和活性、抗ウイルス薬の有効性をin vitroにて検証。

中和活性はフォーカス減少法による中和試験(FRNT)により評価。評価の対象となった抗体は、バムラニビマブ、エテセビマブ、カシリビマブ、イムデビマブ、ソトロビマブ、チキサゲビマブ、シルガビマブだった。この中で日本で承認されているものはカシリビマブ、イムデビマブ(ロナプリーブ)、ソトロビマブ(ゼビュディ)の2種。

カシリビマブ+イムデビマブ(ロナプリーブ)のFRNT50(*)は、野生株~δ株に対しては1.55±0.78~5.18±1.45の低い値であり、高い有効性が示されたが、ο(オミクロン)株に対してはFRNT50>10000ng/mLであり、効果は期待できない。

S309(ソトロビマブ:ゼビュディの前駆体)のο株に対してのFRNT50は373.47±159.49であり、引き続き有効と考えられるが、野生株~δ株での値(27.33±3.24~111.43±58.22)よりも上昇しており、有効性が減弱している可能性が懸念される。

抗ウイルス薬についてはRdRpのレムデシビル(ベクルリー)、モルヌピラビル(ラゲブリオ)、3CLプロテアーゼのPF-07304814のIC50について検証された。3つの薬剤全てにおいて、野生株~ο株間でのIC50にほぼ変化はなく、引き続き有効と考えられた。

 

*FRNT50=50%のウイルスを中和する濃度。低い方が効果が高い。

 

参考文献

Efficacy of Antibodies and Antiviral Drugs against Covid-19 Omicron Variant(N Engl J Med. 2022 Jan 26;NEJMc2119407.doi:10.1056/NEJMc2119407. Online ahead of print.)

https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMc2119407