薬剤師の気ままブログ

精神科門前の管理薬剤師。勉強したことの備忘録(薬や病気)やたまに趣味などについて気の向くままに書いていきます。

実務

ピオクタニンが使用禁止に

ピオクタニンは商品名で、正式には「0.2%ピオクタニン液」という販売名で販売されている医療用医薬品です。成分名はメチルロザニリン塩化物で、別名をゲンチアナバイオレット、クリスタルバイオレットと呼びます。 ピオクタニンは皮膚の乾燥・殺菌、褥瘡、…

拘留中の処方せんの対応

頻度はかなり稀なのですが、警察の方が患者さんの処方せんを持って薬を受け取りに来ることがあります。患者さんが留置所に拘留されている場合です。この場合は通常の保険診療と請求の仕方が異なります。 かなり稀な事なのでどう対応すればよいか忘れてしまう…

後期高齢者の窓口負担割合変更

2022年9月までの場合、75歳以上の後期高齢者の医療費窓口負担割合は大多数が1割、少数の現役並み所得者が3割でした。 これが10月1日からは、75歳以上で一定以上の所得がある方は2割へ変更となります。根拠法は「全世代対応型の社会保障制度を構築するための…

注射針のみの処方せんについて

インスリンは余っているから針だけ欲しいというケースがたまにあります。では針だけを処方せんで出せるのかというと、以下の通知により保険での院外処方はできません。自費なら可能です。 (9) 同一の患者に対して、同一診療日に、一部の薬剤を院内において…

電子的保健医療情報活用加算が廃止に

マイナンバーカードの普及と保険証としての利用を進めるために2022年4月に「電子的保健医療情報活用加算」が新設されました。ですが8月10日の中央社会保険医療協議会・総会の結果、同加算は9月末で廃止となり、代わりに「医療情報・システム基盤整備体制充実…

ジクトルテープの枚数制限について

ジクトルテープとは 枚数制限は ジクトルテープとは 2021年5月に発売された全身作用型のジクロフェナクの貼付薬 適応:①各種がんにおける鎮痛②腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群及び腱鞘炎における鎮痛・消炎(2022.6~) 1日貼付枚数は①では3枚、②では2枚ま…

大正製薬がビオフェルミン散剤の製造販売承認を取得

2022年8月15日に大正製薬がビオフェルミン散剤の製造販売承認を取得しました。 ビオフェルミンの粉薬は既にあるよね?と思いますが、既に販売されているものはビオフェルミン「配合散」で、今度発売されるものはビオフェルミン「散剤」です。 ビオフェルミン…

マイスリー(ゾルピデム)についてのまとめ

特徴 経験的に 特徴 マイスリー(Myslee)…My Sleepから Z-drugと呼ばれる非ベンゾジアゼピン系 一般的にはふらつき、転倒リスクが低いとされる(が、実際はZ-drugも転倒リスクを増加させる2) Tmax:1時間(30分~1時間) T1/2:2時間(1~3時間) 用量:高齢者は5m…

ゾルピデム、ゾピクロン、トリアゾラムが睡眠随伴症状発現時に禁忌に

超短時間作用型のベンゾジアゼピンの副作用では一過性前向性健忘や夢遊症状などの睡眠随伴症状が有名です。それらは今まで添付文書上「警告」として注意喚起がされてきましたが、今後は禁忌となるようです。 なぜこのタイミングかというと、米国で非ベンゾジ…

コロナウイルス抗原検査キットの販売対応

またコロナが増えてきて抗原検査の需要が増えてきたので、やるべきことを思い出すためにまとめます。 抗原検査キットについて 一般的な使い方 やること 抗原検査キットについて 分類は薬局医薬品の中の、処方箋医薬品以外の医療用医薬品のうちの体外診断用医…

アロチノロール塩酸塩の先発品

アロチノロール塩酸塩錠には一般的な先発品のような固有名の製剤が存在しません。ジェネリックのような名前ですが、アロチノロール塩酸塩錠5mg、10mg「DSP」が先発品となります。 これらは元々「アルマール」という商品名でしたが、糖尿病薬の「アマリール」…

フルメジン糖衣錠(1)が出荷停止に

2022年5月にフルメジン糖衣錠(1)の出荷停止が発表されました。在庫消尽予定は6月下旬。理由は次回の製品入荷が遅延するためと。入荷が遅延するから停止…?やや筋が通っていない感じがします。0.5mgと0.25mgの流通は継続されますが、日本全国の医療機関が買い…

パキシルCR錠6.25mgのアルミピロー開封後の使用期限

パキシルCR錠6.25mgのアルミ包装には「アルミ包装開封後は6ヶ月以内にご使用ください」という文言が記載されています。添付文書には、開封後は湿気を避けて保管するようにとの記載のみ。根拠はインタビューフォームのようで、安定性試験の結果により開封後の…

モルヒネ100倍量投与のニュースと過去の医療事故(ピルシカイニド)の勉強

今回のモルヒネの事故の概要と考察 心不全へのモルヒネ ピルシカイニドの死亡事故 ピルシカイニドの過量投与 ピルシカイニドとアプリンジンの比較 腎障害時の減量と代謝、排泄 抗不整脈薬としての比較 不整脈ガイドライン上 今回のモルヒネの事故の概要と考…

バイアグラ、シアリスのジェネリックは不妊治療目的での保険適応不可

2022年4月1日より不妊治療が保険適用となりました。それに伴って今まで自費でしか処方ができなかったバイアグラ、シアリスが「勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ない患者)」に対し保険適用可能となり、薬価収載されました。 あまり…

アリピプラゾール錠1mgの後発品が販売開始に

2022年6月17日にアリピプラゾール錠1mg「サワイ」の薬価基準収載、販売開始が発表されました。製造販売承認は2022年2月15日に取得していたようですが、恥ずかしながら把握していませんでした。 当該薬品の発売について色々と思うところを書いていきます。 後…

薬剤師国家試験 第107回-問87 解説

問87 薬剤師が糖尿病患者を訪問薬剤管理指導のために訪れた際、猛暑の中でぐったりしていたため脱水を疑いアセスメントをした。その項目として、適切でないのはどれか。1つ選べ。 口渇の有無 脇の下の乾燥 HbA1c値 爪圧迫時の色調変化 脈拍 解答 3 日本は超…

薬剤師国家試験 第107回-問84 解説 輸液

問84 循環血液量の減少時における細胞外液の補給に用いる輸液として、適切でないのはどれか。1つ選べ。 生理食塩水 5%ブドウ糖液 乳酸リンゲル液 酢酸リンゲル液 5%ブドウ糖加乳酸リンゲル液 解答 2 輸液の問題というだけで難易度が上がると個人的には思っ…

セレニカR顆粒の安定性

バルプロ酸ナトリウムは極めて吸湿性が高く、空気中で徐々に潮解するため、保管管理に注意が必要な薬として広く知られています。バルプロ酸の潮解については大学でも勉強する内容です。 セレニカR顆粒についてはボトル包装があるので、それなりに温度や湿度…

ピーゼットシー(ペルフェナジン)の特徴など

ピーゼットシー(ペルフェナジン)は第一世代の定型抗精神病薬で、フェノチアジン系に分類されます。「定型」とはドーパミンD2受容体遮断を主な作用とする薬剤のこと。フェノチアジン系には他にクロルプロマジン、レボメプロマジン、フルフェナジンなどがあり…

薬剤師国家試験 第107回-問83 解説 SOAP

問83 薬学的管理の経過をSOAP形式で記録する場合、「O」の項目に記載する内容として、適切なのはどれか。1つ選べ。 1 医師への処方提案内容 2 患者の自覚症状 3 投与方法の妥当性の評価 4 薬に対する患者の訴え 5 血中薬物濃度の測定値 解答 5 難易度の低い…

薬剤師国家試験 第107回-問82 解説 日本の医療の今後

問82 以下の説明文に該当するのはどれか。1つ選べ。 厚生労働省において、2025年を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるような仕組みを構築すること…

薬剤師国家試験 第107回-問81 解説 インフォームド・コンセント

国家試験を解いて解説を考えていたらなんだか楽しくなってきました。薬剤師を目指す前は教職になりたかったので、たぶんこういうのが好きなんでしょうね。 107回の問題は、とりあえず自分の業務と関係のある実務から解いてみて、今の学生がどんなことを勉強…

痛み止めとセットの胃薬たち

NSAIDs(Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)は種々の疼痛改善や解熱に多く使用されています。解熱鎮痛作用はプロスタグランジンの合成阻害により発揮しますが、その副作用として消化管障害が生じるため、よく胃薬がセットとして処方されます。有名なのは…

注意が必要な一般名処方のまとめ

一般名処方から薬品名が推測しにくいものや取り違えに注意が必要なものをまとめます。適宜更新中。 【般】一硝酸イソソルビド錠:アイトロール 【般】硝酸イソソルビド:ニトロール、フランドル 【般】サラゾスルファピリジン錠:サラゾピリン錠(適応は潰瘍…

リフィル処方受付時の注意点

医師会が猛反発してるし、リフィル処方せんはあまり普及しないんじゃないかな?と思っていたんですが、処方箋料の減算免除(通常は30日以上の投薬を行った場合の処方箋料は60/100だが、リフィル1回分が29日以下ならこれが適応されない)の関係でちらほらリフィ…

インスリンの針の一般名?

今まで知らなかったのですが、インスリンの針にも一般名?のようなものがあるようです。正確には一般名ではなく区分とのこと。先日いきなり「万年筆型注入器用注射針(標準型)」の区分での処方が飛んできて焦りました。 万年筆型注入器用注射針とは 具体的な…

「薬局における薬剤交付支援事業」の内容が3月から一部変更になっています

2021年の薬剤交付支援事業は令和4年2月28日で終了となり、3月以降は新たな事業として、同じような制度が継続となります。 変更点は、 0410対応が事業対象外となる 今までは0410対応に伴う薬剤の配送料も補助が出ていました(配送料ー100円が補助額)が、3月以…

麻薬小売業者間譲渡の内容が4/1から変更に+国家試験対策

変更点 麻薬小売業者間譲渡のまとめ 薬剤師国家試験の過去問 変更点 「麻薬及び向精神薬取締法施行規則の一部を改正する省令」が令和4年4月1日から適用になります。 この省令により、90日以上譲渡譲受がない麻薬は近隣の麻薬小売業者間で譲渡譲受することが…

精神科でのリフィル運用は可能か?

精神科でのリフィルの運用は現実的に可能でしょうか? 今回仕事の関係で調べる機会があったので、調べてみました。 リフィルについては「令和4年度調剤報酬改定の概要(調剤)」のスライドP50に掲載されています。上記スライドより、保険医療機関及び保険医…