薬剤師の気ままブログ

精神科門前の管理薬剤師。勉強したことの備忘録(薬や病気)やたまに趣味などについて気の向くままに書いていきます。

処方解析

頭痛へのぺリアクチン(シプロヘプタジン)の使用

※処方はフィクションです ぺリアクチンの適応は皮膚症状やアレルギー症状ですが、この処方では呉茱萸湯が重ねられていることから、おそらく小児の片頭痛への処方と推測できます。 ガイドラインとしては、(1)では10歳以下で肥満が問題でない小児の片頭痛予防…

ピロリ菌の三次除菌

※処方はフィクションです ピロリ菌の三次除菌ではSTFXが一般的に用いられる。治療についてはいくつかのRCTが報告されている。ガイドラインではPPI+AMPC+STFXとPPI+MNZ+STFXの2種のレジメンが推奨されているが、三次除菌結果について両者に差はないとされ…

神田橋処方

九州の精神科医である神田橋條治先生が発見した処方で、桂枝加芍薬湯と四物湯の合方。心的外傷後ストレス障害(PTSD)などに伴うフラッシュバックに効果があるとされている。だいたい10日くらいで効果判定ができて、脳の疲れが取れてフラッシュバックが減る…