薬剤師の気ままブログ

精神科門前の管理薬剤師。勉強したことの備忘録(薬や病気)やたまに趣味などについて気の向くままに書いていきます。

ピオクタニンが使用禁止に

ピオクタニンは商品名で、正式には「0.2%ピオクタニン液」という販売名で販売されている医療用医薬品です。成分名はメチルロザニリン塩化物で、別名をゲンチアナバイオレット、クリスタルバイオレットと呼びます。 ピオクタニンは皮膚の乾燥・殺菌、褥瘡、…

拘留中の処方せんの対応

頻度はかなり稀なのですが、警察の方が患者さんの処方せんを持って薬を受け取りに来ることがあります。患者さんが留置所に拘留されている場合です。この場合は通常の保険診療と請求の仕方が異なります。 かなり稀な事なのでどう対応すればよいか忘れてしまう…

COVID-19とOC、LEP

コロナウイルス感染症では血液凝固が促進し血栓リスクが高まるため、低用量ピルの服用には注意が必要と日本産科婦人科学会から注意喚起がなされていました。(1 現在ウィズコロナ時代を迎えて学会としての推奨が変更となりました。(2 2020年8月 重症、または…

インクレミン(溶性ピロリン酸第二鉄)について

勉強した内容を簡単にまとめます 鉄剤唯一のシロップ。ピロリン酸第二鉄は水に不溶だがクエン酸ナトリウム添加により可溶性に。 インクレミン=increase(増加)+amineまたはvitamine。元々は鉄+アミノ酸+ビタミンの混合製剤だったが、1984年の再評価より鉄…

無顆粒球症について

しばらくの間精神科の薬ばかり触っていますと、久しぶりに内科の薬を触った時に基本的な知識が抜けていることがあります。 先日久しぶりにメルカゾールを触りました。メルカゾールの有名な副作用に無顆粒球症があることは薬剤師であれば誰でも知っているはず…

後期高齢者の窓口負担割合変更

2022年9月までの場合、75歳以上の後期高齢者の医療費窓口負担割合は大多数が1割、少数の現役並み所得者が3割でした。 これが10月1日からは、75歳以上で一定以上の所得がある方は2割へ変更となります。根拠法は「全世代対応型の社会保障制度を構築するための…

ロゼレム(ラメルテオン)での眠気持ち越し

そもそも薬理作用が違うとかそういう話はさておき、ロゼレム(ラメルテオン)はベンゾジアゼピンなどと比較して、睡眠薬としてはかなり軽めの印象があります。あくまでざっくりとしたイメージの話です。 睡眠薬なので当然なのですが、服用翌日の眠気持ち越しの…

ユリーフ(シロドシン)の鼻づまり

泌尿器科の医師が気にするユリーフの副作用に鼻づまり(鼻閉)があるようです。花粉症のシーズンに初回投与を行うと鼻づまりが悪化してクレームになることがあるようで、花粉症の時期のユリーフ開始を避けるケースもあるとのこと。 鼻閉の機序としては鼻粘膜の…

注射針のみの処方せんについて

インスリンは余っているから針だけ欲しいというケースがたまにあります。では針だけを処方せんで出せるのかというと、以下の通知により保険での院外処方はできません。自費なら可能です。 (9) 同一の患者に対して、同一診療日に、一部の薬剤を院内において…

ロナセンテープについて

特徴 その他 特徴 2019年6月に承認された、抗精神病薬として世界初の経皮吸収型製剤 用法・用量:胸部、腹部、背部いずれかに24時間ごとに貼付。最大80mgまで。 禁忌:アドレナリン(アナフィラキシー以外)、アゾール系抗真菌薬、HIVプロテアーゼ阻害薬、コビ…

ビバンセカプセル(リスデキサンフェタミンメシル酸塩)について

特徴 薬物動態 流通管理 法規(覚醒剤原料) コンサータとの比較 特徴 リシン+デキストロ+アンフェタミン→リスデキサンフェタミン(LDX) プロドラッグであり、赤血球細胞質中のアミノペプチダーゼでL-リシンとd-アンフェタミンへ加水分解され薬効を示す 1) リ…

電子的保健医療情報活用加算が廃止に

マイナンバーカードの普及と保険証としての利用を進めるために2022年4月に「電子的保健医療情報活用加算」が新設されました。ですが8月10日の中央社会保険医療協議会・総会の結果、同加算は9月末で廃止となり、代わりに「医療情報・システム基盤整備体制充実…

ジクトルテープの枚数制限について

ジクトルテープとは 枚数制限は ジクトルテープとは 2021年5月に発売された全身作用型のジクロフェナクの貼付薬 適応:①各種がんにおける鎮痛②腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群及び腱鞘炎における鎮痛・消炎(2022.6~) 1日貼付枚数は①では3枚、②では2枚ま…

コンサータとビバンセの有効性の比較

読んだ論文 Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Acute Comparator Trials of Lisdexamfetamine and Extended-Release Methylphenidate in Adolescents With Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder(NS Drugs. 2017 Nov;31(11):999-1014. PMID:…

ビタミンC摂取による酸蝕症

SNSを見ていると、よく美容系インフルエンサーや皮膚科医が、シナールをお菓子代わりにポリポリ食べましょう的な発信をしているのを目にします。 ビタミンCは水溶性ビタミンであり、水溶性ビタミンは過剰摂取しても蓄積せず尿から体外へ排出されます。なので…

大正製薬がビオフェルミン散剤の製造販売承認を取得

2022年8月15日に大正製薬がビオフェルミン散剤の製造販売承認を取得しました。 ビオフェルミンの粉薬は既にあるよね?と思いますが、既に販売されているものはビオフェルミン「配合散」で、今度発売されるものはビオフェルミン「散剤」です。 ビオフェルミン…

マイスリー(ゾルピデム)についてのまとめ

特徴 経験的に 特徴 マイスリー(Myslee)…My Sleepから Z-drugと呼ばれる非ベンゾジアゼピン系 一般的にはふらつき、転倒リスクが低いとされる(が、実際はZ-drugも転倒リスクを増加させる2) Tmax:1時間(30分~1時間) T1/2:2時間(1~3時間) 用量:高齢者は5m…

柴葛解肌湯を用いた新型コロナウイルス感染症の治療

今回の論文 Treatment of coronavirus disease 2019 with saikatsugekito: A case series(Traditional & Kampo Medicine. 2021 Dec; 8(3): 211–220. PMCID: PMC8441720) 試験デザイン:症例対照研究 P:軽症~中等症のCOVID‐19の入院患者21人 I:柴葛解肌湯(…

アトモキセチンの分1投与と分2投与の安全性、忍容性の比較

今回の論文(詳録のみ) Safety and tolerability of once versus twice daily atomoxetine in adults with ADHD(Ann Clin Psychiatry. 2006 Apr-Jun;18(2):107-13. PMID: 16754416) 試験デザイン:二重盲検RCT P:218人の成人ADHD I:アトモキセチン80mg1日1…

超低用量ラメルテオンの早め内服は遅延睡眠覚醒相障害に有効

今回読んだ論文(詳録のみ) Ultra-low-dose early night ramelteon administration for the treatment of delayed sleep-wake phase disorder: case reports with a pharmacological review(J Clin Sleep Med. 2022 Aug 5.doi: 10.5664/jcsm.10188. PMID: 359…

論文の読み方

勉強しようと思って興味がある論文をチラチラと見てはいますが、現状知ったかぶって読めた気になっているだけで、きちんと読めていません。 ポイントをまとめてちゃんと批判的吟味をしながら読めるようになりたいなと思います。 PICO/PECO アウトカム 真のア…

薬剤師国家試験第104回 問296-297 解説

66歳女性。忙しい夫の会社を手伝っている。遠方に住む共働きの息子夫婦に半年ほど前に子供ができ、世話を頼まれたので、忙しい中、自宅と息子夫婦の家の行き来を繰り返している。2〜3週間前より、気分が優れず、食欲がなくなり、眠りにつくに…

ゾルピデム、ゾピクロン、トリアゾラムが睡眠随伴症状発現時に禁忌に

超短時間作用型のベンゾジアゼピンの副作用では一過性前向性健忘や夢遊症状などの睡眠随伴症状が有名です。それらは今まで添付文書上「警告」として注意喚起がされてきましたが、今後は禁忌となるようです。 なぜこのタイミングかというと、米国で非ベンゾジ…

ルネスタ(エスゾピクロン)についてのまとめ

特徴 経験的に(エビデンス低) 特徴 Z-drugと呼ばれる非ベンゾジアゼピン系 一般的にはふらつき、転倒リスクが低いとされる(が、実際はZ-drugも転倒リスクを増加させる2) ラセミ体のゾピクロン(アモバン)から薬理活性のないR体を取り除いた製剤 Tmax:1時間(3…

株式のテクニカル分析について簡単に

インデックスのほったらかし長期投資は堅実ですが、それだけではつまらないので趣味の投資についても勉強します。 テクニカル分析とファンダメンタルズ分析 テクニカル分析 ファンダメンタルズ分析 テクニカル分析の指標 単純移動平均線 指数平滑移動平均(MA…

コロナウイルス抗原検査キットの販売対応

またコロナが増えてきて抗原検査の需要が増えてきたので、やるべきことを思い出すためにまとめます。 抗原検査キットについて 一般的な使い方 やること 抗原検査キットについて 分類は薬局医薬品の中の、処方箋医薬品以外の医療用医薬品のうちの体外診断用医…

TPOXX (tecovirimat:テコビリマット)について

テコビリマットは現在治験中(PhaseⅡ)のサル痘治療薬。日本では未承認。以下はあくまで米国(適応のみ欧州も)の情報です。 商品名:TPOXX(米) 作用機序:オルソポックスウイルスの表面に存在するタンパク質(VP37)を阻害し、(細胞のRab9 GTPaseとTIP47の相…

サル痘についてのまとめ

コロナだけでも大変なのにサル痘っていきなりなんですか?って感じです。全然知らないので勉強します。 病原体 感染経路 症状 治療 病原体 病原体はポックスウイルス科オルソポックスウイルス属のサル痘ウイルス(MPV:monkeypox virus) 二本鎖DNAウイルス 自…

アロチノロール塩酸塩の先発品

アロチノロール塩酸塩錠には一般的な先発品のような固有名の製剤が存在しません。ジェネリックのような名前ですが、アロチノロール塩酸塩錠5mg、10mg「DSP」が先発品となります。 これらは元々「アルマール」という商品名でしたが、糖尿病薬の「アマリール」…

夏季の脱水による腎機能低下(論文)

今回読んだ論文 Seasonal variation in estimated glomerular filtration rate based on serum creatinine levels in hypertensive patients(Tohoku J Exp Med. 2011 Jun;224(2):137-42.doi: 10.1620/tjem.224.137. PMID: 21617334) 高血圧患者の季節間のeGF…